6年生・全日本&区民大会

2017.11.06 23:25|未分類
全く心の傷が癒えていない状態なのですが
どこかでケジメを付けて、前を向かなければいけないのでね

U12リーグが終わり、すぐに6年生最後の大会、『全日本少年サッカー大会』が始まりました。
トーナメントなので一発勝負。負ければそこで終わりです


3日(祝金)全日本
10名参加+ソウタ、フジ
8人制・20分ハーフ

vs梅一FC
0-2

ずっと攻め続ける展開の中で、チャンスは作れどなかなか点が入らず
後半にワンチャンスのカウンターで取られてしまい、そこからさらに攻め続けるも…
最後の戦いが、いろいろな想いが詰まった戦いが、あっけなく終わってしまいました。

油断といえば油断なのでしょうし、こんな形で終わってしまった事は本当に残念です。
U12リーグが良い流れで進んでいた中で、最後に怪我人が出てしまい
そこから台風で活動が出来なくなって(それはどこも一緒でしょうが)
どこか、状態が上がる前に終わってしまいました…

ずっと、『常にチャレンジャーでいよう』と言い続けてきた中で、そうならなかった事が1つ敗因であり
そういう空気に出来ないチーム状況もあり、まあ全て結果論でしょうが…
でも、終わってしまった時に、やらないで終わるのであれば、『やれるだけの努力をするべきだった』と
そんな後悔の念を引きずっております


5日(日)は『区民大会サッカー』でした。
先月まで行われていたフットサル大会のサッカー版です。

11名全員参加
8人制・20分ハーフ

vs尾久サッカー教室
4-2(レン2、アイト、リョウイ)

vsチナブレーゼ
11-0(リョウイ、ショウマ、コウタロウ、レン2、アイト、ユラ、カイト3、ダイスケ)

5年生は、同大会に5年生チームとして出場していたので、6年生だけでの戦いになりました。
体調不良明けだったカイトだけ様子を見ながらでしたが、全員出しで行いました。
そのカイトがハットトリックをしていましたが


全日本終わりで話したのは、この悔しさを選手として次に活かして欲しいという事。
常に全力で、チャレンジャーでいて欲しい。やらずに後悔するなら、やって失敗をして学べば良い。

レンが2試合とも2点を取っていて、別に昨日今日の話ではないのですが、彼が苦手だったゴールという部分に
諦めずにチャレンジした事が結果として出てきた。これは本当にレンの人間的な良さですね
諦めて逃げたり、言い訳をしたり、人や物のせいにしたり
私もそうですが、人間、文句を言っている方が楽なわけですが…逃げる方が簡単なわけですが…

頑張っている子がいる

そんな子達を笑顔で終わらせてあげられなかった責任者として
最後まで、あと半年、楽しんでやろうと
思っている次第で御座います
スポンサーサイト

Comment

お疲れ様でした。
本当に残念でなりません。
あんなに練習して来たのに…
強豪といわれるチームにも負けない試合ができるようになった。
あの子達は間違いなく強くなった。
なのに…
緊張していた?
甘くみていた?
絶対勝つ!という気持ちが負けていた?
まさか…まさか…まさか!
今までずっと指導してくれた芹沢コーチを最後に中央大会へ連れて行ってくれると信じていた。
コーチには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
この悔しい気持ちを次への糧にして欲しい。
ありがとうございます。
芹沢コーチには感謝しかありません。
あと5ヶ月存分にあの子達とサッカーを楽しんでください。
よろしくお願いします。
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リガール

Author:リガール
荒川区で活動中のクラブチーム
ジュニアU-12
ガールズU-12
キッズU-6

東京都第一ブロック協会加盟
荒川区サッカー協会加盟

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ